日本と世界の貨幣、コインの販売と買取り。アイコインズ・ネクストは、コインテラピーを提唱するインターネットのコイン、古銭屋さん。
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
 

1639780
 
ログイン 新規登録
 
 日本近代コイン (1)  
 日本近代コイン (2)  
 日本近代コイン (3)  
 日本の現代コイン  
 日本現行貨(年号別)  
 日本の紙幣  
 明治以前の日本の古銭  
 在外貨幣類  
 中国とアジアの古銭  
 アメリカの貨幣  
 世界のコイン  
 世界の紙幣  
 その他の商品  
 セットで格安!!  
 コンチョ・宝飾・手品  
 カタログ・書籍  
 収集用グッズ  
 
 
 
 
 
  045-790-1688
  メールはこちら
 
 
2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休業日
 
 
 
 
   明治以前の日本の古銭 > 大判・五両判・小判類 > 享保大判金 書改 極美 鑑定書付
 
 
 
前の商品 享保大判金 書改 極美 鑑定書付 次の商品
 
 
享保大判金 書改 極美 鑑定書付 享保大判金 書改 極美 鑑定書付
享保大判金 書改 極美 鑑定書付 享保大判金 書改 極美 鑑定書付

拡大画像
 
価格 : 4,000,000円 (税込4,400,000円)
数量
 
 
 
  大判は、主に儀式、奉献、恩賞等の特別な用途に使用されたもので一般の流通を目的としたものではありませんでした。江戸期の大判は、豊臣秀吉の制定した天正大判の構想をそのまま採用したもので、鋳造も家康の命を受けて、秀吉の配下で大判鋳造の特権を付与されていた後藤一族が行いました。これを大判座と言います。大判座は幕府の鋳造機関ではありましたが、金座、銀座のように常設されたものではなく、必要な都度、後藤家屋敷内に役所、吹所が設けられました。尚、大判座の後藤家と金座・銀座の後藤家とは別です。


江戸期に於ける大判は慶長、元禄、天保、万延とこの享保大判の5種類です。従来、大判の重量は10両(44匁1分= 165.375g)と決まっていました、ただ、最後の大判となる万延大判は30匁程であり、金品位も50%を下回るものでした。大判は墨書きが薄れると、京都の大判座(後藤家)に持参して書き直してもらっていました。これを書改(かきあらため)といいます。

日本貨幣商協同組合鑑定書付
量目:165.5g 品位:金676/銀324
発行:享保10年〜天保8年(1725-1837)
裏刻印:久坂竹 鋳造数量:8,515枚
 
 

Copyright © i-Coins Next All Rights Reserved.   045-790-1688
商号 : アイコインズ・ネクスト   代表 : 石塚眞一郎
個人情報保護ポリシー 個人情報担当者 : 石塚眞一郎   特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 神奈川県横浜市金沢区釜利谷東3-4-36-301
商品RSS